家売却

家・マンション売却 1分不動産無料査定 2017

 

 

 

 

 

 

不動産を任意で売却するという話になるといつもそのメリットのみがピックアップされがちです。
でも、あまり語られないだけで、マイナスの要素も少なくありません。

 

 

 

任意である以上、競売などで用いられる強制売却方式ではないので、いくつかの手続きを行わなくては売却ができません。
関係機関との手続きや交渉といった面倒な手順に加えて、希望者の内覧に対して立ち会いの必要が生まれるなど、相当な負担を強いられることを覚悟せねばなりません。
これだけの努力をしているのにもかかわらず、必ずしも売れるというわけではないのです。

 

 

オープンハウスは近隣需要を喚起できるため、中古マンションの場合は成約率が高くなることが知られています。
でも、オープンハウスの開催では注意すべきポイントとして、売却するという事実が秘密にできないというのがあります。

 

 

近隣にも広告が入りますし、価格や間取りの入った看板なども置かれてどうしても目立ってしまいますから、売却が決まるまでは近所に知られたくないという考えであれば、開催は控えた方が良いかもしれません。
わが国の木造木骨建築物の耐用年数は、住宅専用の場合、税法上では20年から22年とされ、30年前後で取り壊されることが多いです。

 

 

 

このような客観的事実から、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、住宅の評価額はゼロか、もしついても5、60万円ほどと査定せざるを得ないようです。ですから売却する際は、土地代にしかならないと考えられるため、土地(上物あり)といった売却方法もありえます。意外と忘れている方が多いのですが、不動産の評価額の説明を受ける際は査定金額のみならず、諸経費等を引いた手取り額はどれだけあるのか、きちんと明らかにしておくことです。
売却に伴う諸々の支出は、不動産業者に払う仲介手数料のほか、印紙税、司法書士報酬、譲渡所得税及び住民税など多岐にわたります。

 

この譲渡所得税ですが、他の所得とは別に申告する必要があります。

 

もし心配であれば最寄りの税理士に質問するのも良いですし、業者から説明を受ける時に同行してもらうというやり方もあります。

 

一戸建ての場合、売りたい価格にならない可能性があります。
よく言われているのは築年数の経った物件で、買い主が探しやすいように更地にしてしまうか、解体する価格を請求したいと、言われてしまうことがあります。他にも、お洒落で先進的な一戸建ては通常よりも建築費が高いケースがありますが、売るときにはこだわったポイントの理解がされないため、かえって周辺相場よりも安く売ることになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に、不動産物件を売る時には、信頼できそうな不動産業者をみつけた上で、媒介契約を結ばなくてはなりません。

 

この契約は条件が違う3種類があり、専属専任媒介契約は成約の内容が厳しい物になっていますから、よく確認した方がいいでしょう。不動産業者と専属専任媒介契約をしたら、他の不動産業者の仲介は一切受けられません。専属専任媒介契約をした後で、知人の紹介などで購入を希望する人に巡りあっても、当人たちだけの契約は制約違反にあたりますから、契約を交わした業者の仲介の上で契約することになります。

 

 

 

突然、「今すぐ家を売却したい」と思っても、すぐには不動産物件に買主は見つかりません。それならば、不動産物件を売却する時の期間の平均は、何ヶ月くらいなのでしょう。
普通、マンションの場合は平均で3ヵ月くらい、一軒家は平均6ヵ月です。

 

ただし、平均ですから、この期間内に売れるとは限りません。
売却しようと日程を考えるなら、そこも考えなくてはいけません。

 

 

一般に、不動産の売却が成立したら、名義を変更しますが、その際は、物件の売主側では、登記済権利証、そして、印鑑証明書、それも、3か月以内に取得したものを必要です。

 

原則として名義変更は決済と同日に法務局まで出向いて行います。

 

 

不動産物件の名義変更手続きの際は、印鑑証明(なくした場合には登記済権利証の対策費も)の取得費、それにプラスして、登録免許税がかかりますし、登記事項証明書代もかかるのです。登録免許税は、固定資産税の1000分の4という規定になっています。他に複雑な事情が絡んでこないのであれば、不動産を売り渡す際に起こりうる不利益といえば、税金に関する問題くらいです。

 

しかし、注意しなくてはならないのは住み替えをするケースで、面倒なことなるかもしれないリスクを背負うことになるかもしれません。

 

 

一例を挙げると、売却の話が成立することを想定して、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、売買契約が成立しない一方で時間だけが経ってしまい、当てにしていた売却金が入手できないといった事態となることも想定されます。不動産物件は文字通りなかなか売りづらくなっており、コスト面でも売却時に色々な出費が発生します。例えば主なものとして、仲介業者には仲介手数料を支払いますし、不動産登記に関して司法書士が作成する各種書類に対しての報酬や譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。

 

 

 

仲介業者を選ぶ段階で、なるべく仲介手数料を少額にすることが経費削減の一助となるでしょう。
不動産売買に関する契約書は課税対象ですので、印紙代が必要になります。契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、高い場合は数十万円にもなります。
その上、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、それぞれの契約書に印紙税が課税されてしまいます。
けれども、このケースでは先ほどのケースとは異なる基準で税額が決定するので、確かめておくといいでしょう。

 

前もって付近にある不動産物件の相場を確認しておくというのが不動産売却時には不可欠ではないでしょうか。なぜかと言うと、相場を知らないと提示された査定額が妥当なものかどうか判断できないため、本来なら得られるはずの利益が得られなくなるリスクが考えられるためです。

 

 

それに、比較対象となる物件の相場を知っているか否かは交渉の時にも重宝するはずです。

 

可能な限り情報はたっぷり仕入れておきましょう。

 

不動産売却を検討するなら、大抵は最初に不動産業者の価格査定を手配することになるでしょうが、清潔でキレイな状態に整えてから査定をしてもらうのが肝心です。査定を受けるのがマンションなら尚更、キレイにしておくことで大幅に印象が変わることもあります。加えて、事前に購入希望者が中を見たいと言ったときも掃除をしておくことと、少しでも部屋を広く見せるためにできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。普通、不動産を売るときには不動産会社に頼みますが、自分で売却手続きをすることはできるものなのでしょうか。

 

 

 

やればできることではありますが、売買にまつわる仕事、すなわち交渉や必要な書類作り、そして事務手続きや買主探しなどを個人で全部済ませるのはかなり骨の折れることです。

 

不動産売却には専門性の高い知識が求められ、うまく行えない可能性が高いです。仲介手数料によって時間と労力を節約し、問題を回避するためだと割り切って、信頼できるような不動産会社を利用するのが得策でしょう。
良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。まず重要と言えることは、物件の売却に不動産屋の強みを活かせるかどうかです。マンションに強い不動産屋、一戸建てに強い不動産屋などがあるので、売却する物件が強みに当てはまるような不動産屋に依頼することが求められます。
そして、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、安心して任せられるかどうかの判断基準になります。
不動産売却で利益を得た人は、譲渡所得税を納付しなければならないかもしれません。
売主の所有していた期間が5年を超える不動産だった場合、譲渡所得税は所得税15%、住民税5%という税率を掛けて賦課されます。5年以下という短期の所有期間ならば課税率は2倍になってしまいます。

 

 

 

納付のタイミングは、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。さて、新居を購入と同時に住宅ローンを組むならば、ローンの貸付は家が建築されてから始まることが大半のケースです。

 

 

 

ですから、購入した注文住宅の建築が始まって終わるまでの間に工事の着工金などの費用が必要になれば、ローンとは別に手元に準備しなければいけません。

 

その前の住宅を売却していて資金が手元にあるなら大丈夫ですが、売買が成立する前にお金が必要になった場合は困ります。つなぎ融資とは、そうした場合に短期的な融資が受けられるものです。

 

内覧に来た人の不動産物件の印象を良くするためには、キレイで明るく広いと感じるようにしましょう。
部屋の中のライトは全て点けて、きちんと清掃を行い、狭いという印象を与えないようにして、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。やっておいた方がいいのは、キッチンやお風呂、洗面台の水滴を残さないことでしょう。こういうことを押さえておくだけで、印象というのは大きく異なるものです。相手への印象を第一に考えて、売却物件のケアをしてください。

 

不動産を売ろうと考えている人はその際、印鑑証明と実印が必要です。

 

所有権移転登記を行う際に法務局に持っていかなければなりませんから、買主はどっちも準備しなくても大丈夫です。しかしながら、支払いを現金ではなくローン会社を通して行うなら話は違ってきます。このケースだとローン会社に行く際、印鑑証明、それと、実印を持参しなければなりません。

 

さらに、連帯保証人がいる場合はその連帯保証人の印鑑証明と実印もないといけません。
物件を売却しようとする際、すぐに価格を決めずにまずは、ネットの一括査定を利用し、何軒かの不動産業者におおよその査定額を教えてもらいましょう。
査定額を比較することで相場がわかってきますから、適切な価格をつけるようにしてください。それに、仲介業者の中には、コンサルティング業務も行えるスタッフが在籍していることもありますし、とりあえず無料で相談して、最も高い価格でいくらになるのか一考するのもいいでしょう。不動産物件の売却を考えていて、その物件が共同名義だとすると、委任状を準備して売却に臨む必要があります。こうした際には、取り引きに参加する代表者に、残りの各名義人がその人に取り引きを託すという意思を記した委任状を受け渡しておきます。

 

 

 

有効期限のない委任状ですから、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。

 

可能な限り不動産を高値で売りたい人は、始めにあちこちの不動産業者に査定してもらうことです。驚くほど業者間で査定額に開きが出ることも日常茶飯事です。それと、できるだけ専任媒介の契約にしてください。広告費が専任媒介より少なくなる一般媒介では、それなりに時間をかけないと買い手が見付かりません。

 

その上、専任媒介の場合、現状報告が売り主に対して一定期間ごとに行われます。

 

サラリーマンはあまり経験がないかもしれません、確定申告は不動産物件を売却した場合には、必要でしょう。売却益が不動産物件の売買で発生したら、必ず確定申告して、譲渡所得税という名前の税金を納めないと脱税になってしまうでしょう。

 

逆に、利益が出なかった場合は、しっかり確定申告をしておけば、節税になる事例も少なくありません。

 

 

売却益が出たにしろ、売却損が出たにしろ、不動談物件を売買した際は、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。何に関しても焦らず慎重にやった方がうまくいくことが多いものですが、殊更不動産売却の場合は高額な取引になるため、慎重に慎重に検討していかなければなりません。危ぶむべき最大の点としては、悪意を持った不動産会社も存在するという点があります。仲介契約とは対照的に販売活動をする気がなかったり、非常識な安値で買いたたくような場合もあるため、選ぶときは用心しましょう。

 

 

 

不信感をわずかでも持ったなら、他を探した方がいいでしょう。一般的には、不動産物件の売買をする際の支払いは、分割して、手付金、中間金、最終金として払われるケースがよくみられます。手付金を支払ったら、その後、一ヶ月ほど間を開けて中間金、それから、三ヶ月くらい過ぎたら最終金が支払われるはずです。
しかし、いくら支払われるかには注意が必要です。
大部分は一番最後の最終金まで支払われません。手付金は現金ということもないわけではありませんが、盗難や紛失、払った払わないのいざこざを防止するため、どれも売却主の指定口座へと振り込むことが多いのです。
たとえ自分が所有している不動産物件であっても売り払う際には権利書の提出が、必要になります。

 

 

そもそも権利書の持つ役割とは、その土地が登記されていることを証明することであり、正確な名称は登記済証というものになります。仮に紛失してしまったり、何も読めないような状態になったとしても、再び作ることはできないでしょう。

 

とはいえ、弁護士、土地家屋調査士やさらには、司法書士の先生なんかを代理人とすれば、絶対に本人であることを証明できる情報を提供すれば、対応してもらえるでしょう。

 

高額のやり取りが発生する不動産売却では、経費もそこそこにかさみます。

 

 

 

不動産業者には仲介手数料を支払うでしょうが、それも物件の売却価格次第で高額になってしまいますし、利益が発生した売却の場合は譲渡所得税を負担しなければならないこともあります。取引書類を作成するのにかかるコストや印紙代もかかってくるでしょう。

 

 

加えて、自分が住んでいる物件の売却ならば、引っ越し費用も加味する必要があるでしょう。極力早くに不動産物件の売却先が見つかればそれに越したことはありませんが、そうだとしても、時期尚早に値下げをするミスを犯すと大幅なロスにつながるでしょう。早くから売却物件が値下げされると、もう少し下がるかなといった期待で買主が買い控えしてしまいます。

 

ですから、物件への問い合わせ数の推移などから分析し、半年経っても動きがないと判断したら値下げを検討する段階としましょう。不動産売却における一般媒介契約というのは、一社に限定せず、二社以上に仲介を頼むという内容の契約です。

 

専属契約に比べて、広告効果が高まったり、売買契約を仲介できる業者は一社になるため、他の不動産業者がまだみつけないうちに買い手をみつけて、手数料を得るために販促に努め、すぐに購入希望者がみつけられることもあるようです。
反面、二社以上の業者と連絡を取り合わないといけませんので、そういったことが面倒で嫌という方もいるでしょう。
不動産売却時の査定には、インターネットの一括査定サービスが役立ちます。

 

 

その理由としては、ハナから一社の査定結果しか参考にできないと、あまり相場も理解できないままで安値で物件を売却してしまうことが考えられるためです。

 

 

そんな時に一括査定サービスを駆使して異なる業者の査定額も天秤にかけながら、サービス内容が最も希望に合う業者に依頼を持ちかけてみるのがコツです。
不動産物件の売却を行う際には、仲介業者との媒介契約が欠かせませんが、その一つとして、「専任媒介契約」というものがあります。

 

この種類の契約方法は、売りたい物件に関しては、専任媒介契約をしたところだけが仲介可能です。

 

でも、契約違反にならないケースもあって、知り合いなどから買い手を売り手がみつけたとして、当人同士で交渉したとしても、特に違約金などは発生しません。

 

 

 

これが専属専任媒介契約との差です。

 

新居を購入して住み替えるためにそれまでの住居物件を売却したいといったケースは珍しくありません。

 

 

 

そうした時は、購入の前に売却を済ませることが正しいリスクマネジメントです。書類上の売買契約が締結されていても、自らお金が入ったことを確認するまでは安心するのは早いです。
お金が必要になった時に支払いができなくなる恐れもありますから、勝手に売却を見据えて購入に走ることはおすすめしません。

 

とうとう不動産を売却できることになり、正式に契約が締結された後から、気が変わって売りたくなくなったとか、取引相手を別に探したいなど心境や事情が変わったことで持ち掛けた売却を取り下げたいときは、契約の破棄が可能です。

 

 

 

けれども、契約上に規定した違約金を支払わなければならなかったり、貰ってあった手付金を倍にして返さなくてはいけないので、契約を進めるときは細心の注意を払ってください。
リフォームをしてから不動産を売却するべきだとは限りません。

 

そもそも、リフォームに何百万もかかっている物件にしても、それだけ売値がアップする確証も何もありません。

 

どうしてもリフォームを行うのだったら、購入希望者が内覧に来たときに目について影響しそうな箇所をメインに行うのがコストを抑えられるでしょう。加えて、状況に合わせて清掃をして明るく広い部屋に見えるようにすれば過剰なリフォームは不要です。早期に不動産物件を売ってしまいたいと考えている際に、確かな手段の一つが仲介ではなく買取で契約を結ぶというものです。いつ現れるかもわからない買い手を待たなくていいので、スピードでいったらこれよりも短時間で済む方法はないかもしれません。

 

でも、もちろん、いいことばかりではなく、価格が通常の売買に比べたら安くつけられてしまうなどのデメリットが生じますから、多少損をしてもいいから、早くお金が手元にほしいと考える方にしか向かない方法かもしれません。